ニキビ跡は傷跡と同じ

今ひとつイメージが湧きにくいかもしれませんが、ニキビ跡は傷跡と同じようなものです。
転んで膝を怪我した時などの跡が黒ずんだり赤みを帯びたりして、今も残っているという人は少なくないのではないでしょうか。
この黒ずみや赤みは、肌が傷ついた時に外部から受ける刺激が原因となり、メラニンという色素を大量に生成するために起こります。
メラニンは肌を黒化させる色素であり、紫外線を浴びた時や、肌に強い摩擦が起こったり傷ついた時など、外部からの刺激を受けた際に肌細胞を保護するという目的で作られる物質です。
ニキビ跡の黒ずみや赤みもこのメラニンによって引き起こされるものであり、できる課程は傷跡と同じなのです。
ニキビは肌の炎症であり、炎症が起こっている肌の内部は傷ついた状態で、その傷が治る過程でメラニンを生成します。
紫外線を浴びて日焼けした肌が時間が経つと自然に元の色へと戻るように、通常は時間が経過すると肌の細胞の生まれ変わりであるターンオーバーの働きによって、古い角質と一緒に体外へと排出されます。
しかし肌の奥深くの細胞まで傷つきメラニンが生成された際やターンオーバーが乱れている時などにはメラニンがうまく排出されなくなり、肌に沈着して傷跡やニキビ跡として残ってしまうことがあるのです。
肌細胞に残ってしまったメラニンは時間が経てば経つほど沈着し、時間が経っても消えることがない状態となります。
何年も前にできたニキビのニキビ跡が消えずに残っているという場合は、肌の奥でメラニンが沈着してしまっているということが考えられます。
放置していて良くなるものではありませんので、改善させるためにはレーザー治療や薬品での治療が有効です。
レーザー治療は黒ずみの原因であるメラニンをレーザーの作用で除去するというもので、即効性があり深く沈着してしまったニキビ跡にも高い効果を発揮します。
黒ずみだけではなく、凹凸があるニキビ跡をフラットにする作用のあるレーザーもありますので、ニキビ跡の状態に合わせた適切なレーザー治療が行われます。
薬品での治療にはハイドロキノンという美白作用のある薬品が使用されます。
ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほどの強く美白作用があり、シミ治療などのにも使われる薬品です。
クリームなどに加工されており、一定期間続けて塗布することで、少しずつニキビ跡を目立たなくすることができます。
高濃度のものは医師の処方が必要ですので、皮膚科などで相談してみましょう。