中学生の思春期ニキビ対策

中学生からニキビが出来始めたという方も多いかもしれません。
成長ホルモンが活性化する時期なので、皮脂が過剰に分泌することが原因です。
毛穴が詰まることで、アクネ菌が増えて肌荒れが起こりやすくなります。
ニキビが出来るとニキビ跡になって残ってしまう可能性が高くなりますので、きちんとしたニキビ対策を行いましょう。
ニキビ跡が出来てしまうと、すぐには治らなくなってしまいます。
まず、洗顔を丁寧にすることが大事です。
毛穴に皮脂が詰まることで、ニキビが出来てしまいますので、クレイ洗顔など汚れを取り除くタイプのものをしっかりと泡立てます。
泡立てネットを使い、キメ細かい泡を作ることが大事です。
ニキビが出来ている時に、擦ったりすることは止めた方が良いので、優しくマッサージするように洗いましょう。
ニキビが出来るからといって、洗顔を1日に何度もすることは良くないです。
肌にはバリア機能がありますが、何度も洗顔することで、肌を守る機能を壊してしまうことになります。
皮脂が原因でニキビが出来ますが、全ての皮脂を取り除くことは良くありません。
皮脂は本来は、肌の潤いを守る為のものです。
1日に洗顔は2回までにしておきましょう。
ニキビ対策として、気を付けたいことは食事です。
ニキビが出来やすい方が控えた方が良い食べ物は、チョコレートや甘いケーキです。
コーヒーやキムチなどの刺激が強いものもあまり良くないです。
胃に負担をかけるものはあまり食べないことをお勧めします。
脂肪分が多い食事は、皮脂を過剰に分泌させてしまう原因になりますので、ニキビが出来やすい方は控えた方が良いです。
肌に良い食べ物は、野菜や果物です。
ビタミンなどが多く含まれているので、肌荒れ予防になります。
また、納豆やヨーグルトは便秘を防いで、お腹の中を綺麗にする成分が含まれていますので、美肌に効果的です。
ニキビ対策として、適度な運動もしなければなりません。
運動をすることで、食べ物の栄養素が血液を通して、体全体に流れていきます。
肌や髪まで届くことは最後ですので、体を適度に動かして、栄養分を肌まで届けることが大事です。
それから、良質な睡眠は美肌になるポイントです。
成長ホルモンが働く午後10時から午前2時には寝ていることをお勧めします。
この時間に起きていると、成長ホルモンが作られないので、ニキビが治らなくなってしまいます。
ニキビ跡なども綺麗に治らなくなるので、美肌の為には早寝早起きを心がけることが大切です。